安全装備について一言言わせてくれ。あと残価設定にも。

安全装備について一言言わせてくれ。あと残価設定にも。

業界の謎 0 Comment

現在の自動車界の動きは安全運転に向けた装備の開発が主流となっているようで、自動ブレーキシステムや死角をなくす機能など様々な安全装備を開発してきました。

しかし、どの安全装備も完璧に事故を防ぐことはできておらず、レーダー波が悪天候で届かないとか、車線を判断できないとか、はたまた誤認識して交差点のど真ん中でいきなり急ブレーキを踏むものもあるといった具合にまだまだ開発の余地があるようです。

やはり安全運転はドライバーの経験とドライビングテクニックで生み出されるものなのです。
不幸にも事故にあった場合に人命の次に気になるのが、過失割合です。

要するにどちらが悪いから事故に至ったのかということです。

車同士の事故において基本的に100:0になることはあまりなく、少なくとも「前方不注意」などといって1ぐらいは過失があることになります。

しかし、だれもが相手に過失を擦り付けるもので中には事実は全く違うことを言い出す方もいます。
例えば、自分の車が坂道で後ろに下がってしまって後ろに止まっていた車にぶつかったのに、後ろの車がぶつかってきたなどと自分に責がないということを言い出す人もいます。
そういった時にその事故の時の映像があればということでここ最近よく用いられるようになったのがドライブレコーダーというものです。

ドライブレコーダーは数年前から普及してきており、画質も記録容量も性能が向上してきました。

そして最近のものは録画する機能だけではなく、小型液晶ディスプレイを備えてその場で映像を確認することができるようになったものやWi-Fi機能をつかって他の端末で映像を確認することができるようになりました。
ちょっと前まではドライブレコーダーにケーブルをつないだり、内蔵されているメモリーカードを引き抜いてパソコンなどに入れてそこで見るしかなかったのですが、事故を起こした現場に必ずしもノートパソコンがあるわけではなく、相手に過失があったことを証明する映像はあってもそれを見せることができなかったのです。

新しいドライブレコーダーではスマートフォンなどですぐに確認することができるので相手の保険会社との交渉のスムーズに運ぶことでしょう。
それから最近のドライブレコーダーにはGPS機能を持っているものもあります。

GPSで得た座標と専用のマップソフトを使えば、どの時間にどの場所を走っていたのかということを地図上で見ることができ、ドライブの思い出づくりや車両管理などに使うことができます。

話は変わるが、最近残価設定とかいう買い方があるらしいが、どうもあれも気に食わない。
だってあれよく考えれば一般人はりクスが高い。

法人のリースとかならいいけど、完璧にメーカーの戦略にはまるだけで全然得しない。
それに、万が一残価設定で途中でやめたいとかその後の買取とか面倒そう。

※このサイトみてたらかなり面倒そうと思った。いろいろ解決方法はあるようだけど、これなら初めからローンで買う。
⇒残価設定で買った車の買取方法

どれにしても安全装備とか売り方とか、どうなってるのメーカーさんよ。
これじゃ未来がない。

作成者

コメントする

ページトップへ戻る