新しいものにはトラブル有り!私は古いものが好き。

新しいものにはトラブル有り!私は古いものが好き。

最新技術 0 Comment

自動車に限らず、新しい技術新しい構造を持った商品というものは少なからずいろいろなところにトラブルを抱えることが多いと思います。

「初物は避けろ」などとよく言われますが、今回のスズキのリコール発表もそういった類のものではないでしょうか。

今回発表されたリコールは、結構な人気となっている最新型のアルトです。

スズキの軽自動車のベーシックモデルとして作られたもので、このモデルでは久しぶりにスポーツモデルとなるターボエンジンを持つモデルまで作られるようになり、軽自動車界では革命的な車となっています。
この車のどこがどういけないのか、それは軽乗用車で初めて搭載されたトランスミッション、5速AGSを制御するコントローラの制御プログラムに不具合があったようなのです。
5速AGSは現在の軽自動車では定番となっているCVTとは全く違うオートマチックトランスミッション扱いのトランスミッションで、簡単にいうと5速マニュアルトランスミッションのクラッチ操作とシフトチェンジ操作を機械的に自動化したものです。

ですので、自動化するためにつけられている構造以外はいたって普通の5速マニュアルトランスミッションと同じで、乾式単板クラッチと複数のギヤを持つ形になっています。

ある意味、オートマチックトランスミッションの基礎といっていいもので、マニュアルトランスミッション特有のダイレクトな走りすることができる一方で煩わしいクラッチ操作やシフトチェンジが必要ない。
こういったトランスミッションには登録車ではDCTとかDSGとかTC-SSTなどと呼ばれるものが存在しますが、これらのものはクラッチを二つ持ちそれを切り替えて使うことによって素早いシフトチェンジをすることができるように作られているものでこのAGSよりもっと複雑な構造を持っています。

しかし、AGSはただ単に5速マニュアルトランスミッションを自動化しただけなので構造も簡単でコストもかからないことから軽自動車でも採用することができるということ。

ただ、単純といってもクラッチとトランスミッションを自動化するのは並大抵のことではなく、特に制御に関してはかなり難しい一面を持っているようで、今回のリコールもそれに近い部分のトラブルであるようです。

リコールの内容は、このトランスミッション本来の動きに関するものではなく、低燃費装備であるアイドリングストップ機構がらみのもので、下り坂でアイドリングストップした状態で、セレクターレバーをバックしようとしてRレンジに入れた時にアイドリングストップが解除するときの飛び出しを防ぐ意味で付けられているブレーキ制御が解放されず、ブレーキペダルを放してバックしようとしても走ることができなくなるという言うもの。
このパターンはアップダウンのある地域に住んでいる人であれば良くあることなので、この症状が出てしまうとかなり困ることになります。

幸いなことに機械的な修理などは必要なく、トランスミッションを制御するプログラムデータを書き換えるだけというソフト的な作業で済むので、リコール整備もさほど時間がかかりません。
道の真ん中で動けなくなるものほどドライバーにとって焦ることはありません。

新型アルトを持っている方は現在そういった症状に見舞われていない方でもすぐにディーラーに持ち込むことをおすすめします。
それと同時にABSにもリコールが出ているようです。

こちらはブレーキ時代がきかなくなるというものではなく、ABSが機能した時にブレーキオイルの油圧を制御するオイルラインに異物が混入している疑いがあるということでリコールになったものらしく、通常のブレーキング時には全く問題ないらしいのですが、急ブレーキなどを踏んでABSが機能したときにいわゆる自動ポンピングブレーキがスムーズに行われない、ブレーキが片効きしてしまうといった状況になる可能性があるということです。
やはり、初物は怖いですね

作成者

コメントする

ページトップへ戻る