どうしてここでリッターカー?業界の謎。

どうしてここでリッターカー?業界の謎。

業界の謎 0 Comment

燃費対策といえば、日本ではハイブリッドシステムが主流となっており、要はエンジンだけでなく電気モーターの力を借りて、その間エンジンを止めることによって燃費を稼ごうというものですが、諸外国では日本ほどハイブリッド技術が進んでいないため、今でも他の手段によって低燃費を目指そうという動きがあります。

ここ最近話題となっているクリーンディーゼルもそうです。

クリーンディーゼルの場合は低燃費というより低燃料費といった方がいいのかもしれませんが、それでも燃費性能も優れたものが多く、燃料の消費量と燃料の単価という二つのファクターからよく使われています。
ヨーロッパではディーゼルエンジンの排ガス規制が思ったより厳しくないということもあるかもしれません。

それ以外によく使われるのがエンジン排気量を小さくするということ、いわゆるダウンサイジングというものですが、エンジンの排気量が小さければ小さいほど、1回の燃焼行程で使う燃料の量が少なくて済むということで、どの国の自動車メーカーもこぞってダウンサイジングを行う傾向があります。

あの大排気量エンジンでものを言わすアメリカですらここ最近発売されるモデルのほとんどが3リッターかということでもどれだけ世界的にダウンサイジングが行われているかがわかると思います。

一方、日本ではそういった動きがある前から日本の車自体が世界各国の車と比べるとダウンサイジングを行っているようなもので、特に日本ならではの自動車文化である軽自動車は最たるものだと思います。
ですので、日本ではあまりダウンサイジングという言葉を聞かず、日産の小型モデルあたりで行われているにすぎません
ダウンサイジングとは?
まあ、日産は国産自動車メーカーといってもフランスの自動車メーカーと同じですからそういった車が作られるのでしょう。

ただ、このダウンサイジング、あまりに極端に行ってしまうと動力性能の低下につながってしまうことになり、特に速度無制限区域のあるアウトバーンや130km/hまで出せるアウトストラーダという高速レンジを使う必要がある高速道路があるので、あまり好ましくありません。

ダウンサイジングターボやダウンサイジングスーパーチャージャーなどという過給器付きのものもあるのですが、それでも極端に排気量を小さくしてしまうのはかなり厳しいものとなります。
そういった中でアウディは1リッターというドイツの車としてはとても小さい排気量を持つモデルを発売し、そしてそれと同じくらいのサイズのクロスオーバーSUVも発売する予定になっているようです。

既に発売されているコンパクトハッチバックモデルがA1で、現在開発中のものがQ1という形で発売されるといわれており、詳しい情報はいまだあかされていませんが、A1ベースで作られることは間違いないようです。
しかし、テストカーの目撃情報によるとフロントのデザインがここ最近アウディが取っているデザインとはちょっと違うものが採用されているようで、A1ともQ3とも大きく違うようです。
ただこれはカモフラージュである可能性もありますので、デザイン的なものもまだ未知の世界といったところでしょう。

パワーユニットはA1に使われている直列3気筒の1リッターターボエンジンや直列4気筒の1.4リッターターボエンジンが最有力候補とされていますが、A1のスペックを見ると1リッターモデルが95ps、1.4リッターモデルが150psとドイツの車としてはパワーが低く、これでどれだけの走りができるかが不安材料となっているようです。

特に1リッターターボエンジン、このスペックはヴィッツの1.3リッターエンジンモデルとほぼ同等のパワーということになり、そこそこ走る車ではあるもののそれはあくまでもコンパクト大衆モデルでの話で仮にも悪路走行を伴うクロスオーバーSUVでは完全にパワー不足であることがわかります。

トルクはターボエンジンですのでそれなりに持っているのですが、ターボエンジンの特性を考えると必ずしも使いやすい車ではないように思えます。

フォルクスワーゲン以外の車で小型モデルをあまり好まないドイツにおいて、こういったモデルを作るということはドイツでも小型モデルの燃費の良さがわかってきたのかもしれません。

作成者

コメントする

ページトップへ戻る