7人乗りクロスオーバーSUVもふたを開ければ・・・

7人乗りクロスオーバーSUVもふたを開ければ・・・

スバル 0 Comment

スバルといえばフラット4エンジンとフルタイム4WD、そして今は亡きレガシィツーリングワゴンに代表されるステーションワゴンで有名なところです。

レガシィシリーズから始まって、インプレッサシリーズやその派生モデルであるレヴォーグなどステーションワゴンモデルやセダンモデルをたくさん作っているわけですが、一時期ブームとなっていたミニバンブームに乗りきれていませんでした。

残念ながらスバルにはトヨタや日産のように独自でトール型ミニバンを作る技術がないため、ミニバン的な使い方ができるステーションワゴンモデルでなんとかやりくりしていました。
しかし、やはりミニバンとステーションワゴンは車自体の構造も違いますし、何しろ客層が全く違う、いくらフラット4エンジンが優れていても4WDシステムが高性能でもファミリーカーのミニバンを欲しがる人にとってはなんのメリットもなかったのです。

そこでスバルは考えました、セレナやノアの様な車は作れなくてもステーションワゴンに近いボディを持った低ルーフミニバンなら作れるのではないか、トヨタでもウィッシュが売れているし、マツダでもプレマシーが売れているじゃないかということで売り出したのがエクシーガという3列シートを持つ7人乗りの低ルーフミニバンだったのです。

しかし、思い立ってから開発設計、実際に生産するに至るまでの間に自動車界は変化し、低ルーフミニバンの需要が少なくなってしまったのです。

発売直後は「スバル初のミニバン」ということで話題となりそれによる需要はあったのですが、お察しの通り、話題性が弱くなるのと同時に売れ行きが悪くなっていったのです。
しかし、スバルにはそれを改善したり、新たなモデルを投入する技術も余力も残っておらず、仕方なくダラダラと販売することになったのです。
しかし、ある時開発陣は考えました。

ここ最近クロスオーバーSUVが流行っているからこのエクシーガを7人乗りのミニバンとしても使えるクロスオーバーSUVに仕立てたらどうだ・・・、おりしも世の中はクロスオーバーSUVブーム、どの自動車メーカーも既存のモノコックボディを使ってどんどんクロスオーバーSUVを売出し、それを大きな利益につなげている時でしたので、反対する意見はほとんどありませんでした。
そこでできたのがエクシーガ・クロスオーバー7だったのです
もちろん、スバルには既にインプレッサベースのXVやフォレスター、レガシィアウトバック、フォレスターというクロスオーバーSUVがあったのですが、ミニバンとして使えるクロスオーバーSUVは初めてだったのでかなり力を入れて作ったようです。

しかし、力を入れて作ったといっても新型モデルを作るわけではなく、エクシーガのマイナーチェンジとして作っただけのことですから、基本となる部分はミニバンとして売っていた時代のエクシーガと全く同じ、外装にクロスオーバーSUVらしいルーフレールを付けて、インテリアのカラーイメージを変え、サスペンションの有効長を長くしてロードクリアランスを確保し、そこに大径タイヤを付けただけの変更点しか与えることができなかったのです。

簡単にいえば車高が高いエクシーガということ非常に簡単なつくりでクロスオーバーSUVになったからといってエクシーガを売ってエクシーガ・クロスオーバー7に買い替えるほどのことはないのです。

はっきり言ってこの車が作られるようになったきっかけも悲しいもので、要するに低ルーフミニバンとして作ったエクシーガが売れないから、流行に乗ってクロスオーバーSUVに作り替えてしまえという一つの打開策から生まれたものなのです。
ちなみミニバンとしてエクシーガもなくなってしまったので、スバルはまたミニバンが1台もない自動車メーカーとなってしまいました。

作成者

コメントする

ページトップへ戻る