トヨタ シエンタにについて考えてみた・・・

トヨタ シエンタにについて考えてみた・・・

トヨタ 0 Comment

ファミリーカーとして依然と高い人気を誇るミニバン、トヨタではアルファード・ヴェルファイア兄弟、エスティマなどの大型ミニバンからファミリーユースの高いノア・ヴォクシー・エスクァイア三兄弟の中型トールミニバン、ウィッシュやアイシスなどの中型低ルーフミニバン、そして一番ボディが小さい小型ミニバンのシエンタなどたくさんのモデルを発売しているのですが、売れ筋の大型ミニバンや中型ミニバンはフルモデルチェンジやマイナーチェンジなどを盛んに行いどんどん進化させるものの、小型ミニバンであるシエンタは2003年に発売されたモデルを永遠と使い続けてきていました。

2010年に販売不振から生産を一時期停止させていましたが、マイナーチェンジにかこつけて2011年から再販しました。

しかしそのマイナーチェンジでも大きな変化はなく、その後の売れ行きも芳しくないままで2015年まで売り続けてきたのですが、2015年の夏にやっと重たい腰を上げてフルモデルチェンジを行うことになったのです。
12年ぶりの2代目モデルの発売ということでにわかに話題となっていますが、この車には最強のライバルであるホンダのフリードという小型ミニバンがあるため、それにどうやって対抗しているのがかが興味をそそります。

先代シエンタは全長わずか4100㎜の5ナンバーボディに3列シートを押し込み作られた車でしたので、サードシートは決して広いものでなく、ある意味小型トールワゴンとしての使い方が適しているような車でした。
そしてターゲットユーザーもフリードのように老若男女に向けたというものではなく、どちらかというと軽自動車のスーパーハイトワゴンの様に小さい子供を持つ主婦層に向けたものとなっていました。

果たしてこういった形で売られていたシエンタがモデルチェンジでどういう風に変わったでしょうか。

まず外観ですがこれは先代モデルとは大きく変わりここ最近トヨタが盛んに使っているデザインを取り入れ、一見プリウスαのようないで立ちとなっています。
車の土台となるプラットフォームは、先代モデルはファンカーゴのフロント部分とカローラスパシオのリヤ部分を結合させてつくったいわゆる使いまわしのプラットフォームでしたが、プラットフォームに関しては大きな進化はなく、アクアのフロント部分にウィッシュのリヤ部分を結合させた新しい組み合わせの使いまわしプラットフォームとなっています。

この辺はやはりトヨタらしいと思います。
次に動力源、今回シエンタにはハイブリッドモデルも用意され、ガソリンエンジンモデルとの二本立てでいくようですが、ハイブリッドシステムはアクアのものをそっくり移植したもので、電気モーターだけが省電力化された2LM型となっているものの、スペック的には74psの1NZ-FXEエンジンと61psの電気モーターということで全く同じです。

要するにハイブリッドシステムもアクアのものを使いまわししたということです、どうりでプラットフォームの前側、要するにエンジンなどを乗せる部分をアクアのものにしたわけです。
よってハイブリッドモデルの動力性能はアクアと同じと思っていいでしょう。

一方ガソリンエンジンモデルはFFモデルと4WDモデルでは違うエンジンが使われており、4WDモデルは先代モデルのものを引き続き使う形で1MZ-FE型が採用されていますが、FFモデルにはカローラのガソリンエンジンモデルなどの使われている擬似アトキンソンサイクルであるミラーサイクル構造を持つ2NR-FKE型エンジンが採用されています。

こちらのパワースペックは先代モデルより1psほど低い109psとなっており、ガソリンエンジンモデルでは先代モデルと同じような走りになると思われます。

燃費性能はハイブリッドモデルが27.2km/L、ガソリンエンジンモデルが最大で20.6km/Lということになりどちらも非常に優れた燃費性能を持つ車といっていいでしょう。
ガソリンエンジンモデルの燃費性能がいいのでこれなら無理してハイブリッドモデルを購入しなくても良いかもしれません。

そして問題の居住性能ですが、寸法的には室内長で20mm、室内幅で40mmほど長く幅広くなっているのですが、リヤ周りのプラットフォームに低床のウィッシュのものを使っていながらもデザイン的に全高を低くしてしまったので室内高も30mmほど低くなり、若干圧迫感を持つようになっています。

サードシートもお世辞にも広く使えるというものではなく、シート自体もかなり薄いものですので、このあたりは先代モデルと同等といっていいでしょう。

先代モデルと一番違うところは販売戦略、これは先代モデルでの失敗を活かしたものとなるものなのですが、先代モデルようにママさん向けのものとするのではなく、男性向けを強く意識したものになりました。
ママさんドライバーは軽自動車に乗ることが多いので一気に方向転換したものと思われます。

価格帯は約169万円からハイブリッドモデルの一番高いもので約233万円と新型モデルとしてはそれほど高いものではないので、先代モデルよりはきっとたくさん売れることでしょう。

作成者

コメントする

ページトップへ戻る